クラウド ソリューション プロバイダー プログラム

クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムに参加する方法、およびお客様の顧客に対して Microsoft Azure、Microsoft Dynamics、Microsoft Office 365、Enterprise Mobility Suite、Windows などの製品やサービスを提供する方法について説明します。どのようなビジネス モデルが適切であるかがわからない場合は、弊社がサポートします。お客様のビジネスについて詳しく説明してください。

間接リセラーになる

CSP プログラムの間接リセラーになると、お客様は間接プロバイダー (ディストリビューターとも呼ばれます) と提携することになります。間接プロバイダーは、お客様の顧客に対しては製品サポートを提供し、お客様に対しては技術的なサポートやマーケティングを提供します。また、融資条件や与信条件の確立もサポートします。

最小要件を確認する

最小要件:

  • Microsoft Partner Network (MPN) ID
  • 組織を代表して法的契約に署名することができる
CSP プログラムに登録する

前提条件: MPN ID が必要です。MPN ID を持っていない場合は、登録する 24 時間以上前に ID を取得してください

  1. Azure Active Directory (Azure AD テナント) のアカウントでサインインします。
  2. MPN ID と新しいパートナー センター アカウントを関連付けます。
  3. プロフィールを作成し、検証されるのを待機して、Microsoft 顧客契約に同意します。
提携する間接プロバイダーを探す

パートナー センターにサインインし、間接リセラーとして CSP に登録した後で、提携する間接プロバイダーを探す必要があります。

間接リセラーとして CSP プログラムに登録する方法、およびパートナー センターでリセラー アカウントを確立する方法について詳しくは、こちらをご覧ください

直接パートナーになる

直接パートナーになると、お客様は顧客に対して、クラウド サービス、クラウド製品、カスタマー サポートを提供し、顧客に直接請求することになります。このような業務を行うためのインフラストラクチャがない場合は、間接リセラーとして参加してください。

最小要件を確認する

最小要件:

  • サービス ビジネス モデル
  • カスタマー サポートのインフラストラクチャ
  • 顧客に対する請求と請求書作成
  • 規模の変更が可能
要件に対応できることを確認する

プログラムに関する以下の詳しい要件を確認してください

  • サポートの要件
  • 請求と請求書作成
  • 顧客の管理
  • インセンティブ
  • ライセンス
CSP プログラムに登録する

要件および要件に対応できることを確認したら、今すぐお申し込みください。お申し込み内容を確認させていただきます。

お客様の情報の確認と検証には数日かかる場合がありますので、ご注意ください。

パートナー センターでパートナー間の関係を確立する方法について詳しくは、こちらをご覧ください

その他の資料

CSP プログラムの詳細情報

Microsoft Partner Network では、トレーニング、サポート、ネットワーク作りの機会を提供しています。

CSP インセンティブの詳細情報

CSP プログラム インセンティブの資格を得るための要件および方法、インセンティブ プラットフォームの導入方法、およびインセンティブ資金の獲得方法についてご説明します。

プログラム ガイドを読む

このガイドでは、CSP パートナーとして製品を顧客に再販するための要件について説明します。

パートナー契約書を確認する

Microsoft では、CSP プログラムに参加するために、この契約への署名をパートナー様に求めています。