米国政府機関向け Microsoft Cloud の CSP プログラムのパートナーになる

米国議事堂とクラウド

米国政府機関向けに一から設計された政府機関向け Microsoft Cloud では、大規模な連邦機関から小さな町の行政機関まで、米国の公共部門のお客様がさまざまなクラウド コンピューティング サービスを選択できます。お客様の固有のニーズを適切に満たすため、Microsoft はデータセンターに多大な投資を行い、米国連邦政府や州政府の政策、規制、要件に対するコンプライアンスの達成に取り組んでいます。クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムのパートナーとなり、このプログラムを貴社のビジネスに加える方法についてご確認ください。

初めての CSP

クラウド ソリューション プロバイダー プログラムの詳細情報

Microsoft Partner Network では、トレーニング、サポート、ネットワーク作りの機会を提供しています。

プログラム ガイドを読む

このガイドでは、クラウド ソリューション プロバイダー パートナーとして製品を顧客に再販するための要件が記載されています。

CSP の要件を確認する

ダイレクト クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) は、カスタマー サポートを提供して、顧客に直接請求する必要があります。

CSP インセンティブの詳細情報

CSP プログラム インセンティブの資格を得るための要件および方法、インセンティブ プラットフォームの導入方法、およびインセンティブ資金の獲得方法についてご説明します。

このページは役に立ちましたか?
その他にご意見はありますか。
ありがとうございました! フィードバックにご協力いただき感謝します。
Microsoft をフォロー Twitter アイコン Facebook アイコン LinkedIn アイコン